ISO9001を導入

そして今、いいエステサロンとそうでないエステサロンの選択の基準としてISO9001取得も判断材料にすることが出来るかもしれません。 最近ではエステサロンもISO9001取得を導入するケースが増えてきたと言います。 ISO9001を導入することによってエステサロンも、お客様が入会したいと思う憧れるお店作りをしようという目標値を定め、しっかり目指すことが出来るようになります

部屋ISO9001取得によって、品質目標を掲げてエステサロンはしっかりお客様とも向きあうことが出来るようになります。それはもちろんエステサロンが他のサロンより抜きんでる方法であることも間違いはありません。

そしてやっぱり利用する人たちが、そのような指標をエステサロンに求めていたのです。そこにある品質目標によって高い技術力を導き出すことが出来、効果を出す指導法を得ることが出来、美しく聡明で品格ある社員を育て、高品質の商品を提供することが出来ます。居心地の良い洗練されたサロンであるために、いつも考えるモチベーションが大事であり、エステサロンだからこそ安全性・有効性に優れた機器を使用しなければならないですし、高い達成能力を持ち続ける必要があります。

生き残るために

家賃:0円、内装:20万円程度、エステ機器:10~50万円程度、消耗品費:10万円程度、宣伝広告費:30万円……などとエステサロンを開業しようと思っている人たちが、計画をたてていくものの、ここにしっかり技術を持っている証しがありません。ただこの内容では多くの人たちがこのエステサロンへ行こうというモチベーションは起こらないはずです。

ウサギどのようなエステサロンへ行けばいいかの選択基準は資格取得と思っている人たちが多くいらっしゃるのではないでしょうか。しかし実際にはエステを開業するために必要な国家資格はありません。「個人事業主の開業届出」を税務署に提出する程度の問題なのです。

しかしそれでは利用する人たちがどのエステサロンを選択していいか判らないから、民間が発行している資格を重視する傾向が高まって来たのです。一般社団法人日本エステティック協会、一般社団法人日本エステティック業協会(AEA)と言った資格取得が生き残るためのエステサロンの手段と考えることが出来ます

エステサロンの数がどんどん増えて来ているからこそ、エステサロンも生き残るためには何をしなければならないかしっかり考えるようになって来たのです。

エステサロンを利用

女性みなさんはどのような基準でエステサロンを選択しているのでしょうか。まだ多くの人たちがサロンを開業する時に確固たる資格取得が必要と思っているのかもしれません。そのような場所の実体がまだ正確に判っていない人たちが多くいらっしゃるようです。

最近ではみなさんが出掛ける街にもそのような場所が多くあり、脱サラした人たちがそのような仕事をはじめてみようかなという思いも起こるかもしれません。 もちろんそのような仕事をスタートするためにいろいろと勉強をしなければならないですし、経験を積んだり、海外で勉強して施術を行うというモチベーションを持つはずです。 決して明日からそのような仕事をスタートしようと思って出来る仕事ではありません。

ただし他のお仕事と比較をすれば独学で学び、個人的に開業しようということが出来てしまうお仕事なのです。 だからみなさんがインターネットをチェックしてここのお店が雰囲気がいいから行ってみようと思ったときにはそのお店は別に大した技術を持ってないお店だということも十分考えることが出来ます。

ただし誰もが資格取得をしてないということでなくて、「協会の資格」を持っているという場合もあって、どのお店に行こうか迷っている人たちにとってそのような資格取得のありなしをある程度選択基準にすることが出来るのではないでしょうか。ひょっとしたらインターネットには、宣伝だけすればお客様が来ると思っているそれ程技術のないお店も少なくないのかもしれません。そこで利用する人たちは選択するもっと厳しい目を持つ必要がありそうです。